Drip.fmは3月18日で終了するようです

Drip.fmは3月18日で終了するようです

RUBBLEplayスタッフの藤井です。

二週間ほど前のニュースになるんですが、定額制の音楽ダウンロード配信サービスDrip.fmが3月18日でサービスを終了するようですね。

Drip.fmは個人的にも好きなサービスで今も利用しています!

特にStones Throwに関しては、Leaving Recoredsの音源も多く配信されていたので本当にお買い得感がありました。

オフィシャルで発表されたコメントでは、今回の決定はタイミングや資金など諸々を考慮しての判断ということです。

特に去年は、Apple MusicやGoogle Play Musicのような定額型のストリーミングサービスが台頭もあり、業界の模様がガラリと変わりましたし、そのあたりもやはり考慮されているのかもしれません。

個人的にはApple Musicも使っていて、実際Drip.fmからリリースされる音源もApple Musicで結構聴けるものが多かったですけど、非圧縮音源のダウンロードの充実さなど、特筆すべき点もありました。

ある人はDrip.fmでの交流がきっかけでレーベルで働くことになったり、ある人は実際にレーベルと契約したりということもあったみたいで、インディーズ・レーベルとリスナーをつなぐコミュニティ的役割も担っていて、とても面白いサービスだったと思います。

残念!

Drip.fmは18日で終了となりますが、近い将来に新しいアイデアを提げてまた戻ってきてくれるかもしれませんね。

ということで、18日になるとサービスが終了するので、まだ配信されたものを全部ダウンロードしていない人はそれまでにダウンロードしましょう!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください