Leaving Records 一覧

Kieferのニューアルバム「Happysad」お見逃しなく!!

Kieferのニューアルバム「Happy Sad」お見逃しなく!!

 

RUBBLEplayスタッフの藤井です!

まだ26歳のピアニスト/ビートメイカーKieferは、MndsgnやTerrace Martinのライブバンドメンバーとしてもツアーに帯同し、日本にも来ていて、スタジオワークでもAnderson .PaakやKaytranadaの作品に参加するなど、多くのアーティストからの信頼も厚いアーティスト。

昨年Leaving Recordsからリリースされたソロアルバム”Kicknit Alone”は、米インディー音楽協会A2IMから、Best Jazz Albumにもノミネートされるなど、多方面の注目を集めました!!

“Kicknit Alone” は当店でも人気の作品で、ジャジーとサイケデリックが絶妙に良いバランスで同居したビート、鍵盤プレイが気持ち良くて、個人的にもよく聴いてる超お気に入り作品です。昼下がりのBBQのBGMにも合います。


LEAVING RECORDS
Kiefer “Kickinit Alone”
Cassette

 

そして、今年2018年6月にStones Throwから新作アルバム “Happysad”をリリース!!

アルバム収録トラックより “AAAAA” と “What a Day” の2曲が先行で公開されていますので、まずはチェックしてみてください!!

 

 

独自性の溢れるKieferのトラックは要フォロー!!
「Happysad」は当店でも取り扱い予定ですので、是非!!

Kierfer関連の動画を幾つか貼り付けておきますので、まだ観たことがないものがあればチェックしてみてください。

 

こちらは、去年アムステルダムで開催されたAppelsap Festival出演時のBoiler Roomの動画。

 

こちらは、1年前にSoulectionがアップしたBeats1 Studioでのパフォーマンス。

 

MndsgnのRed Gate Studioで行われたライブ映像。

 

昨年リリースの「Kickinit Alone」収録の “Tubesocks” のトリッピーなビデオ。


Stones Throw & Leaving Recordsよりレコード & カセット新入荷!!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!!

Stones ThrowとLeaving Recordsより、かっこいい音源が入ってきたので紹介させて頂きます!

まずはStones Throwから。


STONES THROW
DJ Harrison “Slyish 45”
7inch

要注目ジャズファンク・バンドButcher Brwonのキーボーディストでもあり、House Shoesが主宰するL.A.のSTREET CORNER MUSIC、そして2017年にはStones ThrowからもアルバムをリリースしたDJ Harrisonが7インチをドロップ!!Sly & The Family Stoneをトリビュートしたアルバム「Slyish」からカットされた3曲を収録。ローファイで曇った質感が最高な一枚。


STONES THROW
Mild High Club / King Gizzard & The Lizard Wizard “Rolling Stoned”
7inch

昨年フルバンドでの来日も果たしたAlex BrettinによるプロジェクトMild High Clubと、驚異的なリリーススピードでも注目を集めるオーストラリアのサイケロック7ピースKing Gizzard & The Lizard Wizardのスプリット7インチが入荷!!Alex Brettinによるトラック “Rolling Stoned” をそれぞれのバージョンで収録。King Gizzard & The Lizard Wizardバージョンのたフルートを前面に押し出したトラックが珠玉の出来栄え。

続いてLeaving Records。


LEAVING RECORDS
Carlos Nino & Friends “Going Home”
LP

スピリチュアル・ジャズ・コレクティヴBuild An Arkを始め、多彩な活動で常に注目を集めているCarlos Ninoのプロジェクト、Carlos Nino & Friends名義の新作。ジャズ、アンビエントへのアプローチで土台を固めつつも幅広い音楽性が凝縮されていて、とても聴きごたえのあるCarlos Ninoならではのユニークな仕上がりに。


LEAVING RECORDS
Carlos Nino & Friends “Live at the World Stage”
Cassette

Carlos Nino & Friends名義での即興のスピリチュアル・ジャズ・セッションのライブ録音 。カセットテープ限定でのリリース。


LEAVING RECORDS
Matthewdavid “Time Flying Beats”
Cassette

BrainfeederからもアルバムをリリースしているLeavingのボスMatthewdavidの新作。大胆で縦横無尽なビートメイキングに耳を奪われつつ、通して聴いた時に感じる緻密な構成とバランスは見事。

以上、是非チェックしてみて下さい!!


Leaving RecordsよりBUN & Dakimなど新作カセット & 12インチ入荷!!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!!

入荷から少し時間が経っていますが、L.A.のLeaving Recordsよりオススメ音源がたくさん入ってきていますので、こちらでも紹介させて頂きます!!

まずはカセットテープ3本!!


LEAVING RECORDS
Fumitake Tamura(BUN) & Dakim “Mudai Version”
Cassette

2014年リリースの前作 “Mudai” に続いて、Fumitake Tamura (BUN)とDakimが新作テープ “Mudai Version” をリリース。とてもクリアな音像のビートが全編で聴ける、気合を感じさせる作品に仕上がっています!!ボイス・サンプルも良いアクセントになっています。必聴!!


LEAVING RECORDS
Devonwho “Betaloops”
Cassette

Leavingからリリースされた前作も当店で好評だったDevonwhoがここ3年ほどDave Smith Instruments Prophet ’08とRoland GAIA制作してストックしていたビートをまとめたテープ!!これも良いです。


LEAVING RECORDS
Josiah Steinbrick “Meeting of Waters”
Cassette

同レーベルからのBANANA名義でのプロジェクト続いて本人名義Josiah Steinbrickの初アルバム “Meetin of Waters” がカセットテープで入荷!!BANANAと比べてより内に向けられた雰囲気で、落ち着きたい時にバッチリはまります。

 

12インチEPも一枚入荷しています!


LEAVING RECORDS
Opio “Wounded Healer / Galvanometer”
12inch EP

HIEROGLYPHICSクルー所属、そしてSouls of MischiefメンバーのOpioの久しぶりのリリースはLeavingから!!トラックはDakimが担当!!面白いビートが聴けます。

 

あと、Knxwledgeの7インチも再入荷してます。


LEAVING RECORDS
Knxwledge “BUTTRSKOTCH”
7inch

以上、是非チェックしてみてください!!


1 2 3 4 5