RBMA 一覧

RBMAが「beat:repeat NYC」を日本語字幕付きで公開!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!

昨年、Red Bull Music Academyが公開していた映像シリーズ「Diggin’ in the Carts」は、個人的にもとても楽しく見させてもらいました!そして今回、同じく昨年公開され反響を呼んだシリーズ「beat:repeat NYC」が、待望の日本語字幕付きで公開されました!

「Diggin’ in the Carts」はゲーム音楽を深く掘り下げる番組でしたが、こちらの「beat:repeat NYC」はニューヨークの音楽シーンを、特定の作品のドラムマシーンに焦点をあてて振り返って行くような感じです。

もう公開は今月の14日から始まっていて、毎週火曜日に1エピソードずつ追加されていきます。スケジュールは以下の通り。

7月14日(火)18時- エピソード1: Peech Boys (ピーチ・ボーイズ) – Don’t Make Me Wait
7月21日(火)18時- エピソード2: Suicide (スーサイド)- Frankie Teardrop
7月28日(火)18時- エピソード3: Mtume (エムトゥーメイ) – Juicey Fruit
8月4日 (火)18時- エピソード4: Anthrax (アンスラックス) – I Am The Law
8月10日(火)18時- エピソード5: Afrika Bambaataa (アフリカ・バンバータ) – Looking for the Perfect Beat
8月18日(火)18時- エピソード6: Le Tigre (ル・ティグラ) – Deceptacon
8月25日(火)18時- エピソード7: Man Parrish (マン・パリッシュ) – Boogie Down(Bronx)
9月11日(火)18時- エピソード8: Blondie (ブロンディ) – Heart Of Glass

ジャンルが偏らず、様々なアーティスト/楽曲が取り上げられているので、どのエピソードも興味深く観れそうです。

是非チェックしてみてください!

こちらはPeech Boysの “Don’t Make Me Wait”を取り上げたエピソード1 です!


RBMAより、ゲーム音楽を掘り下げる「Diggin’ in the Carts」順次公開です!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!

9月に入りましたが、日中はまだ暑い日が続きそうで、外を歩いていても、Tシャツ一枚の方が圧倒的ですね。

第一線で活躍するアーティストを招いてのワークショップやレクチャーなど仕掛けて音楽シーンを盛り上げているRed Bull Music Academyですが、とても面白そうなドキュメンタリーを公開するようです!

DIGGIN’ INT THE CARTS公式サイト

この予告編だけでも心躍ります!

登場する作曲家は、
植松伸夫
田中宏和
小沢純子
影山雅司
崎元仁
松尾早人
下村陽子
松前真奈美
古代祐三
川口博史
光吉猛修…..

等々、歴代の名作を手がけてきた大物揃いです!

そして、ゲーム作曲家だけでなく、こんなアーティストたちを絡めてくるあたりが、さすがRMBAの企画という感じですね!

HAVOC (MOBB DEEP)
KODE 9
FLYING LOTUS
DIZZEE RASCAL
OH NO
THUNDERCAT
JOKER
J.ROCC
JUST BLAZE…

等々、こちらも強者揃いです。

彼らがゲーム音楽について何を語ってくれるのか楽しみですね。

今回のドキュメンタリーには登場しなさそうですが、個人的にはシューティングゲームが好きで、グラディウスシリーズ等よくプレイしましたね〜。音楽もAC版、FC版、SFC版など色々ありますが、今の時代に聴くと言う点も含めて、どの音源も魅力的だと思います。SFC版のグラディウス3など、やり込んだ作品なので、思い入れもありますね!

こちらのドキュメンタリー、9/4日より毎週更新で、全6回のシリーズとのことですので、是非チェックしてみて下さい!

詳しくは公式サイトをご覧下さい!

※オマケ DIGGIN’ IN THE CRATES