Technics 一覧

Vestaxブランドが再始動!

Vestaxブランドが再始動!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!

Vestaxブランドが、約1年の時を経て再始動するようですね!

2014年8月末の営業停止、そして2014年12月の破産のニュースは、DJ業界に大きな衝撃を与えました。

Vestaxの創業者である椎野秀聰氏が、こちらでSTP/VESTAXとしてVestaxブランドの再始動と、来る3月には早くも新製品を発表することを公表しています。

椎野氏は、2002年にVestaxの経営を退いて以来、Vestaxだけでなく製造業全体が、製品の品質をないがしろにした経済至上主義的な体質に陥ってしまったことを憂いており、そのことが結果的にVestaxの破産を招いたと振り返っています。

そして今年、「音質を最重視した人間的な知恵を盛沢山投入」した、2002年以前のVestaxが持っていた魅力的な製品を随時発表していくと宣言しています。

ウェブサイトは工事中ですが、随時更新されていくと思います。

http://stpvestax.com/

椎野氏の文章を読んで、バリバリ現役で使っているPDX-3000MKIIを始め、ミキサーも新旧何台かVestax製品を使っている身として複雑な気持ちにもなりますが笑、今年続々発表されるであろう新製品は、どんなものが発表されるか非常に楽しみです!

まずは今年3月にミキサーが発表とのことです。

ウェブサイトを見る限り、VUメーターが付いているようですね。生産は月に数十台ほどを予定しているようで、そこからも品質重視の姿勢が伺えます。

ミキサーの価格は、噂では40万円ほどと言われています。

もしそれが本当だとすると、なかなか気軽に買える金額ではないですけど、価格に見合う品質ならば欲しい人はたくさんいるんじゃないでしょうか!

今後のSTP/VESTAXの計画としては、「新しい発想のパワーアンプ、シグナルデバイス、ターンテーブル、SPシステム、プリアンプ」を随時発表していくとのことで、TechnicsのSL-1200GLと共に今年の楽しみが増えました!


Technics SL-1200新モデルが発売決定!

RUBBLEplayスタッフの藤井です!

現在ラスベガスで開催中の国際家電ショー「CES」で衝撃の発表がありました。

ついに、アナログターンテーブルSL-1200シリーズの新モデルが発売されます!

Technics SL-1200新作モデルが発売決定!

見た目は伝統のSL-1200シリーズのデザインをそのまま踏襲していて、まさに全アナログDJ待望といったところでしょう!

昨今のアナログレコードの盛り上がりは日本のみならず世界共通のトピックですし、新モデル投入のタイミングは正に満を持して、といったところでしょう!

昨年に、Technicsより新しいターンテーブルが発売されるというニュースが流れた時もかなり大きな話題となりましたが、その時に公開された試作機の写真は、従来のSL-1200シリーズとは全く異なったデザインで、DJ用途としてはどうなのかな?という空気がDJ界隈にはあったことも事実です。

Technics SL-1200新作モデルが発売決定!

Technicsはもともと高級オーディオ機器のブランドで、DJ向け機器を開発する立ち位置ではないので、当然といえば当然ではあるんですが。

しかし、最終的にはDJたちの熱い声が届いた形でこのデザインに収まったということかもしれません!

写真を見た限り、今回発表されたモデルはそのままクラブに持っていても、即戦力として使えることはまず間違いないでしょう!

仕様を見た感じ、33回転と45回転のボタン同時押しで78回転になりそうな感じですし、ピッチも16%可変に対応してるようです。

ダイレクトドライブのモーターも新設計らしく、過去のモデルをただ復刻したものではなく進化を期待させるもので、そのあたりも楽しみですね。

標準モデルの「SL-1200G」と、限定モデルの「SL-1200GAE」の2種類あるみたいで、限定の「SL-1200GAE」の方は1,200台限定で価格は4,000ドルするとかしないとか。日本円で今の為替レートだと48万円前後!!

標準モデルはどれぐらいの価格になるかは未定のようですが、よほどの高価格でない限りバカ売れは間違いないでしょう!

気になる発売は、限定モデル「SL-1200GAE」が今年夏ごろ、標準モデルの「SL-1200G」はその後の発売になるそうです。

欲しい人は今からお金を貯めておきましょう!